2013年09月28日

SSL中間CA証明書の確認方法メモ

先日、久しく寝かせていたレンタルサーバーを使おうと思い、メールアカウントを設定したのだが、SSL通信に失敗した。原因はよくある、中間証明書の設定ミス。POPS/SMTPSサーバーにインストールされた証明書セットが間違っていた。

HTTPSの設定確認はQualys Labのチェックツールが日本語化されていてわかりやすい。ただ、任意のポートを楽にチェックしてくれるサービスが見つからなかったので、opensslを使った方法をメモしておく。

opensslによるチェック

コマンドは

$ openssl s_client -connect app.usb0.net:443 -showcerts < /dev/null
CONNECTED(00000003)
depth=2 C = BE, O = GlobalSign nv-sa, OU = Root CA, CN = GlobalSign Root CA
verify return:1
depth=1 O = AlphaSSL, CN = AlphaSSL CA - G2
verify return:1
depth=0 OU = Domain Control Validated, CN = *.usb0.net
verify return:1
---
Certificate chain
 0 s:/OU=Domain Control Validated/CN=*.usb0.net
   i:/O=AlphaSSL/CN=AlphaSSL CA - G2
 1 s:/O=AlphaSSL/CN=AlphaSSL CA - G2
   i:/C=BE/O=GlobalSign nv-sa/OU=Root CA/CN=GlobalSign Root CA
---
Server certificate
-----BEGIN CERTIFICATE-----
MIIEmzCCA4OgAwIBAgISESF/E/8j4rVO8kDXSzgoA5hEMA0GCSqGSIb3DQEBBQUA
略

最初の depth=X はサーバーの証明書を0とした、opensslのバリデータが辿った証明書の深さ。 2013年現在、普通のウェブサービスが使う安価な証明書なら、中間CAがルートCAとの間に1段挟まれるので、depth=2が OU = Root CA になっている。

次のCertificate chainとServer certificateはサーバーから送られて来た証明書。 通常、サーバー自身の証明書 (ここでは、 CN=*.usb0.net) と、中間証明書 (O=AlphaSSL/CN=AlphaSSL CA - G2) が、送信されている。

サーバーに正しく中間CA証明書とサーバー証明書がインストールされていて、対応するルートCA証明書がシステムにインストールされていれば、

    Verify return code: 0 (ok)

となる。

ただし、アップデートの速いブラウザやディストリビューションは中間CA証明書も信頼済みリストに含めている場合があるので、中間証明書が正しく提供されていなくても、Verifyに成功してしまうことがある。 ルート証明書(issuerのOU = Root CA)以外の証明書全て、サーバーにインストールされクライアントに提供されることを確認する。

中間CA証明書の期限切れ

サーバーID証明書よりも中間CA証明書の方が期限が長い場合が多いので普通は気にする必要が無いが、証明書更新の際に一緒に中間CAも更新することを忘れずに。

不要なルートCA証明書

しばしばルートCA証明書を含む不適切な設定のサーバーがあるが、ルートCAの証明書ををサーバーから送る必要はない。証明書を送る帯域がコネクションあたり1KBくらい無駄になる。

特に、間違ったルートCA証明書(テスト用認証局など)を送信している場合は、HTTPSをよく理解していないユーザーを危険に晒す事になるので、直ちに削除する必要がある。

参考

ラベル:ssl openssl
posted by ko-zu at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。