2013年11月26日

OpenVZゲストでNative IPv6とIPv6トンネルのデュアルルートを作る

DTIのserversman VPSをx86_64化してIPv6がいくらか動くようになったのでOpenVPNサーバーにしてみた。

前提

  • OpenVZのVPSゲスト、CentOS6.x + OpenVPN 2.3.x
  • dev venet0:0 にNative IPv6が1つ(/128)だけ割り当て済み。可能ならこのルートを使う。
  • He.netのIPv6トンネルから/64の割り当てを受けてOpenVPNのクライアントへ割り当てる。
  • dev tun0 をOpenVPN tun-ipv6 で作成
  • dev tb をユーザースペーストンネル tb_tun で作成。

トンネルとルートの作成

まずOpenVZ上ではカーネルもジュールを導入できないので、sitトンネルを使えない。 トンネルパケットをユーザースペースで処理するtb_tunがあるのでサービスとして起動する。 http://code.google.com/p/tb-tun/

setsid tb_userspace tb {{tunnel_server}} any sit > /var/log/tunnel.log 2>&1 &

tbにIPv6アドレスを割り当て。

ifconfig tb up
ifconfig tb inet6 add {{tunnel_client_ipv6}}

venetをデフォルトにするためmetricを増やして追加しておく。

ip -f inet6 route add default metric 10 dev tb

他のOpenVZマネージャ(SolusVM)ではIPv6割り当てが無いのにデフォルトルートが設定されている。その場合削除しておく。

ip -f inet6 route del default metric 1 dev venet0

iptablesで-p 41のINPUT/OUTPUTを通しておく事を忘れずに。

iptables -A INPUT -p 41 -s {{tunnel_server}} -j ACCEPT

ここまででトンネルIPv6は到達可能になった。

トンネル-VPN間のルーティング

IPv6ルーティングを有効化

net.ipv6.conf.all.forwarding = 1

He.netを経由させるRoutedなソース範囲に対してルール付きのテーブルを作成、デフォルトルートに指定

ip -f inet6 rule add src {{tunnel_routed}} table 10
ip -f inet6 route add default metric 1 dev tb table 10

ip6tablesのFORWARDを許可

ip6tables -A FORWARD -i tun0 -s {{tunnel_routed}} -j ACCEPT
ip6tables -A FORWARD -i tb   -d {{tunnel_routed}} -j ACCEPT

ServersMan@VPSはopenvzカーネルが古すぎてip6tablesのconntrackが機能していない。 常用するならもっとまともなフィルタルールが必要。

OpenVPN側

routedなIPv6を割り当てる。クライアントにはデフォルトルートとしてpushする。

server-ipv6 {{tunnel_routed}}
push "route-ipv6 ::/0"

残念ながら、openvpn 2.3.6ではまだIPv6 DNSサーバーアドレスをpushすることができない。 そのためAAAA filteringされていないHe.net提供のIPv4 DNSサーバーを指定するか、クライアント側で上書きしてもらう必要がある。

ひとまずこれでnativeのIPv6を生かしたままIPv6 over OpenVPNが出来た。

タグ:VPN IPv6 VPS OpenVZ
posted by ko-zu at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | サーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388566452
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。